2019年06月24日

「子ども里山広場」スタート

子どもたちが自然の中で自由に遊べる機会を作ろうと、岡谷市在住の春谷巻雄さんが中心となり、「子ども里山広場」が先日23日(日)に行われました。

遊ぶものを用意したり、遊び方を教えるものではなく、子どもたち自ら自然の中で自由に遊ぶ(遊び方を考える)場所を目指すとの事です。

今回は段ボールとロープのみを用意し斜面でそり遊びをしたり、ブランコを作って遊んだりと。

一番人気は沢です。

早速裸足になって飛び込んでいきます。

 

モノに恵まれた現代、我々も然り、考えることをしなくなっています。

いまやノウハウは全てスマホにありますからね!!

 

危ないからそれはダメと大人がルールを作ることなく、子どもの感性で遊ぶって本当にいいですね。大人も学ぶことが多くあります。

 

 

自然の中で自然に遊ぶ!!

とても楽しみで共感できる企画です。

月1回のペースで行うようです。来月は7月27日(土)開催です。

 

春谷さんは我々が行う、だるま食堂(主催:岡谷で子ども食堂を真剣に考える会)にも毎回足を運んで下さり子どもたちと一緒に遊んで頂いています。

地域の為に子どもたちの為に誰かのために!と優しい気持ちを持つ人が増えていくそんな活動を全力で応援します!!

 

営業2部 部長
小口 貴史
個別ブログはこちら