八ヶ岳の原生林を行く

2019年06月24日

6月23日、八ヶ岳の原生林を行く。

登山道からは外れ、ひたすら原生林を歩く。

目的は約100か所の土地境界の塚改めである。

途中休憩をはさみ4時間半。後半はほぼ無言にて塚を打ちながらひたすらに歩く。

途中「九輪草」の群生、名も知らぬ「蘭」や山野草に癒されながら道なき道を行く。

疲れもあるが、原生林の空気と苔むした景観はまさにジブリの世界である。癒される。

行軍のあとは上手い酒と肴が待っていた。

明日は60になる。万感の思いで59歳最後の日を過ごした。

今一度の人生が始まる。

どんな人生が待っているのだろう。

楽しみでもあり、恐れでもある。

再びの人生に乾杯!

 

雇用更新になった西條でした。皆様これからもよろしくお願いしますね。

 

 

 
営業1部
西條 清
個別ブログはこちら

自然を楽しむ

2019年06月24日

「子ども里山広場」スタート

子どもたちが自然の中で自由に遊べる機会を作ろうと、岡谷市在住の春谷巻雄さんが中心となり、「子ども里山広場」が先日23日(日)に行われました。

遊ぶものを用意したり、遊び方を教えるものではなく、子どもたち自ら自然の中で自由に遊ぶ(遊び方を考える)場所を目指すとの事です。

今回は段ボールとロープのみを用意し斜面でそり遊びをしたり、ブランコを作って遊んだりと。

一番人気は沢です。

早速裸足になって飛び込んでいきます。

 

モノに恵まれた現代、我々も然り、考えることをしなくなっています。

いまやノウハウは全てスマホにありますからね!!

 

危ないからそれはダメと大人がルールを作ることなく、子どもの感性で遊ぶって本当にいいですね。大人も学ぶことが多くあります。

 

 

自然の中で自然に遊ぶ!!

とても楽しみで共感できる企画です。

月1回のペースで行うようです。来月は7月27日(土)開催です。

 

春谷さんは我々が行う、だるま食堂(主催:岡谷で子ども食堂を真剣に考える会)にも毎回足を運んで下さり子どもたちと一緒に遊んで頂いています。

地域の為に子どもたちの為に誰かのために!と優しい気持ちを持つ人が増えていくそんな活動を全力で応援します!!

 

 
営業2部 部長
小口 貴史
個別ブログはこちら

保護猫のその後

2019年06月17日

昨年11月に会社で保護し、翌12月に無事里親さんの元へ嫁いでいった子猫のその後についてです。

先日、里親さんが子猫の様子を知らせに訪ねて来てくれてもう嬉しくて嬉しくて仕方ないので報告します。

申し遅れました、ヤワタです。

 

写真をいただきました。コメント付きです!

「4ヶ月 毎日あばれて元気ありすぎ!」

 

「7ヶ月 少し落ち着いたかな?あばれん坊だけど甘えてきてかわいい♡」

R-1は大きさの比較物でしょうか….

 

保護した時にお世話になった動物病院をかかりつけにしているそうですが、先生も驚くほどの暴れっぷりとのことです。

腕の生キズを見せてくださいました。おてんば娘め….

金五郎、こんなに大きくなって愛され顔になってよかったね!(本当の名前はこむぎちゃんです)

 

ちなみに、野生児だった頃の金五郎がこちらになります。

 

 
広報
八幡 純子
個別ブログはこちら

新商品の登場

2019年06月01日

今日から6月ですね

こんにちは、ヤマザキです

最近、新商品の発表会が続いてありましたので

ご報告。

 

 

照明の新商品の展示

屋外の照明の当たり方の違いを、

植栽へライトアップ

影の出方や、光のスポットが違います

 

こちらは

ホールや廊下のダウンライトも、比較できるような展示

 

屋外も屋内も「径」の小さい灯具で、

「ピン」の「明かりたまり」を作ります

 

住宅でも、演出度の高いほうが好まれる傾向

照明器具は、数年で主流が変わりますね

 

 

こちらは、タイルの新商品

光×タイルの組み合わせの展示

タイルも照明を当てて、色の変化を楽しんだり

天然石の「きらめき」を再現したタイルを、照明で楽しむなどなど

 

施工のポイントも、実演を見聞きながら勉強です(こちらは、写真取れなかった)

 

ほかにも、外壁タイル・玄関タイル・インテリアタイルの新商品を見学しました

 

メーカーさんは↓

 

タイルは、「デザインの宝の山」だ。と

なるほど

 

エコカラットなど、まずは使いやすいところからご提案していきますね

(湿気は通すが、水や汚れはほぼ通さない、優れもののインテリアタイルです)

 

クロスやカーテンも

これから、新商品の予定も続々ありますね

毎年覚えるのが増えますが、楽しみです

 

 

 
インテリアコーディネーター
山崎 恭子
個別ブログはこちら