生まれ変わる築100年超の我が家

2022年05月31日

昨年春にお話しいただいた築100年超のお宅のリフォーム無事お引き渡しました。

工期などご迷惑をおかけしましたが、お施主様ご理解のもと現場まで足をお運び頂き

ご協力のもと完成しました。

100年を超えるとあって、現場進行中に思わぬ手直しなどありましたが、ご満足いただけたようで一安心です。

これからこの家で楽しくお暮しいただけたら幸いです。

リフォーム後はこんな感じです。

お引越しは6月とのこと、楽しみですね。

またお困りごとあればご相談ください。長いお付き合いをお願いします。

 

営業担当は西條でした。

 

 
営業1部
西條 清
個別ブログはこちら

超プチリフォーム

2022年05月11日

今年の梅雨入りは早いとかどうとか聞きましたが、もっと春を体感させて欲しいですね。

こんにちは、ヤワタです。

我が家のやんちゃ担当・キジトラが室内ドアの開け方を覚えてしまいました…

ジャンプして前脚を引っ掛けると、ばいーんと開いてしまいます。

どうしても閉めておきたい時があるので困ります。

鍵を後付けしようかと思いましたが、人間も反対側から開けられなくなったりして不便そうです。

ネットで検索したら、今すぐ実行できそうな方法がありました。

【ドアのレバーハンドルの向きを90度変える】というもので、ドライバーさえあれば数分でできるリフォームです。

ドライバーでネジを外し、レバーハンドルを床に対して垂直に立てた状態でネジで取り付けて完了!です!

 

「あかニャい!?」の図。

 

猫の脱走を防止できるのはいいけど、人間も使いにくいのでは?と心配しましたがすぐに慣れて問題ありませんでした。

見た目はちょっとまあ、ん?って感じがなくはないですけど。

賢い猫さまの脱走にお困りの方はぜひお試しください。

我が家はドアの片面だけ向きを変えましたが、必要な場合は両面の取っ手の向きを変えてください。

 

 

「ドアは人間に開けさせればよい!」と目力で訴えるサビ猫先輩。

 

 
広報
八幡 純子
個別ブログはこちら

御柱シーズン来たり

2022年05月06日

古より続く御柱

 

歴史は1200年以上の前の平安時代より伝わり 社殿の四方に建てて神木とする勇壮な大祭である 。

私が住む辰野町でも「伊那御柱」と称され

時期は3月第4週土・日に山出し。四月第4週の土・日に里曳きが行われます。

本場の「諏訪大社」の御柱よりだいぶ規模は小さいのですが、

時期になると氏子は同じように狂気し ドーパミンが大放出しています。

今回は「規制・自粛」とフラストレーションが溜まる大祭となってしまいましたが、

次回へと そのまた次回へと繋げていく役割を果たしていただき

大変感謝しています。

監督 竹淵でした。

 

 

 
現場代理人
竹渕 徳哉
個別ブログはこちら