朝活

2021年12月01日

おはようございます。小口です 🙂

今日から師走ですね💦何かと慌ただしくなる師走、段取り良く1年の締めくくりをしたいものです👊

さて、昨日『岡谷市倫理法人会 経営者モーニングセミナー』にて会員スピーチの機会を頂き講話させて頂きました。

市内外で活躍される経営者の諸先輩方が毎週火曜日6:00~7:00まで倫理を学ぶ会です。

昨日は約30名の参加者でした。

1年半前にも講話の機会を頂き、地域活動で行う子ども食堂について講話をさせて頂き、今回はその後コロナ禍の中の子ども

食堂の運営、自身の仕事である家づくりを通じての地域社会との繋がりについてお話させて頂きました。

家という媒体を通して生活環境(くらしむき)、暮らしやすさを設計する事、地域の中で多世代が交流できる環境を設計する事。

仕事と地域活動が繋がっている事など、少しでも思いが伝わればと思うですが、

準備不足は否めず人前で時間配分を考え話すことの難しさを改めて痛感した次第です 😥

 

まだまだ暗い中5時45分会場着

役員の皆さんは何時に集合しているのだろう…?

準備万端です。ありがとうございます。

講話後のモーニングセット

また参加させて頂きます。

 

 

 
営業2部 部長
小口 貴史
個別ブログはこちら
           

だるまデリ★第3弾★

2020年10月26日

コロナ禍の中、感染予防対策を講じて各イベント等が少しづつではありますが実施されるようになってきました。

私たちの『岡谷で子ども食堂を真剣に考える会』でも8月より開始したテイクアウト事業を継続して実施しています。

 

30世帯限定(約90食~100食分)にて300円/世帯で季節の野菜を使ったお惣菜を配布しています。

先日実施した第3回の模様をお知らせします。

 

今回のだるまデリは、いつも野菜提供でお世話になっている方のリンゴ畑からスタートです。

 

りんご畑の道路沿いで育てているナイアガラの収穫体験をさせて頂きました。

収穫したナイアガラは予約頂いた方に3房程度ずつお土産としてお渡しさせて頂きました。

ナイアガラ収穫の後は、近くの畑に移動してほうれん草を頂きました。

 

こちらもベーコンと一緒に炒めて提供です。

こちらが今回提供しただるまデリ特製 お惣菜です。

お惣菜にはボランティアスタッフのお子様が作ってくれたハロウィンの折り紙を添えてお渡しです。

ちょっとした気遣い、心遣い大切にしたいですね!

今回ご協力を頂きました、株式会社テンホウ・フーズの大石社長、丸山橋店のスタッフの皆様、JA夢マーケット田中線様、れいれい亭様、花岡様ありがとうございました。

 

来月は11月15日(日)に開催予定です。

 

 

 
営業2部 部長
小口 貴史
個別ブログはこちら
           

だるまデリ!第2弾

2020年09月11日

地元産野菜をたっぷり使ったお惣菜配布

新型コロナウィルスの感染予防の為、3月から止む無く休会している子ども食堂に代わり

先月より開始したテイクアウト事業の第2弾を実施します。

●9月20日(日)17:00~18:00配布

●小井川平成会館駐車場にてドライブスルー方式にてお渡し

前回も大好評頂き、ご用意した30世帯分のお惣菜を配布する事ができました。

 

今回も事前予約制として受付をしています。

1世帯300円です。(1世帯約3人分のお惣菜です。)

 

どなたでもお申込み頂けますので是非ご利用下さい。

 

子ども食堂を運営する 小口 より 宣伝でした

詳細は下記ご参照下さい!!

 

 

 
営業2部 部長
小口 貴史
個別ブログはこちら
           

恵方巻を食す

2020年02月04日

昨日は節分

歳徳神様のいる方角の事を恵方といいます。

この方角に向かって行えば何事も吉となるとされています。

要は運の良い方角の事、毎年変わります!!

今年の恵方は西南西です!!

わが家でも昨日は恵方巻と鰯を食しました。

まずは恵方巻の食べるルールの確認です。

①恵方を向いて食べる

②黙って食べる

③切り分けずに一気に食べる

以上です。これがなかなか難しい・・・。

 

あとはイワシです。これはビールのつまみにGOODです。

イワシを焼くときにでる煙と強い臭いで邪気を追い払うという意味のようです。

身体の中の邪気も一緒に追い払います。

そして今日は立春です。

一年で最も昼の時間が短い冬至と昼と夜の長さが同じ日である春分の中間点です。

 

 

 

 
営業2部 部長
小口 貴史
個別ブログはこちら
           

書評会開催しました。

2020年01月31日

だるま食堂文化部

岡谷で子ども食堂を真剣に考える会の有志にて活動を行っています「だるま食堂文化部」

メンバーお勧めの本を参加者全員が読み、食事・お酒を楽しみながら書評を行うという緩い会です。

今回は第2回目の開催!!お勧めの本は、

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー/新潮社/ブレイディみかこ

優等生の息子が通うのは 元・底辺中学校。

人種差別、ジェンダー、貧富の差、アイデンティティなど毎日が事件!!の連続

現代社会の縮図のような日常を、

子どもは子どもなりの考え、やり方で受け止め行動していきます。

異国イギリスでの子育ての話ですが、間違いなくここ日本で暮らす我々一人一人の話です。

 

一冊の本、受け止め方は其々違い、共感できることも沢山あります。

自分にはなかった考え、受け止め方を聞き、

この会を一部で行うのは勿体無いとの事で、近々独立した新しい会としてプレスリリース致します。

参加条件は課題の本を読むだけです。

詳細はプレスリリースにて!!

次回

課題は子どもの貧困を描いた「八月のひかり/堀由紀子」

場所はフォレストモール内 れいれい亭さんです。

日時は3月30日(月)19時から緩く始まります。

 

 

 
営業2部 部長
小口 貴史
個別ブログはこちら