超プチリフォーム

2022年05月11日

今年の梅雨入りは早いとかどうとか聞きましたが、もっと春を体感させて欲しいですね。

こんにちは、ヤワタです。

我が家のやんちゃ担当・キジトラが室内ドアの開け方を覚えてしまいました…

ジャンプして前脚を引っ掛けると、ばいーんと開いてしまいます。

どうしても閉めておきたい時があるので困ります。

鍵を後付けしようかと思いましたが、人間も反対側から開けられなくなったりして不便そうです。

ネットで検索したら、今すぐ実行できそうな方法がありました。

【ドアのレバーハンドルの向きを90度変える】というもので、ドライバーさえあれば数分でできるリフォームです。

ドライバーでネジを外し、レバーハンドルを床に対して垂直に立てた状態でネジで取り付けて完了!です!

 

「あかニャい!?」の図。

 

猫の脱走を防止できるのはいいけど、人間も使いにくいのでは?と心配しましたがすぐに慣れて問題ありませんでした。

見た目はちょっとまあ、ん?って感じがなくはないですけど。

賢い猫さまの脱走にお困りの方はぜひお試しください。

我が家はドアの片面だけ向きを変えましたが、必要な場合は両面の取っ手の向きを変えてください。

 

 

「ドアは人間に開けさせればよい!」と目力で訴えるサビ猫先輩。

 

 
広報
八幡 純子
個別ブログはこちら
           

施工実例更新しました!

2022年01月27日

毎日寒いですね。就寝時は猫たちが布団の上に乗ってくるので腕も足もがちがちに固定されて悪夢を見ているヤワタです。

春が待ち遠しいですね。

 

寒いなかですが、お客様のお住まいは着々と完成しております。

ステキなお住まいの施工実例を随時更新していますので、ぜひチェックしてくださいね!

 

 

施工実例はコチラ

 

 

 
広報
八幡 純子
個別ブログはこちら
           

冬の鎧コーデ

2021年12月22日

今年も残すところあと10日。

クリスマス、お正月と楽しみなイベントが続きますね。

クリスマスプレゼントには、北風に耐えられる強靭な肉体が欲しいヤワタです。

あとニットも欲しいです。

ニット本番の季節ですが、私はよくニットをダメにしてしまいます。

虫食いではありません。

猫が飛び乗ってくる時に爪が引っかかって穴があいてしまうのです。

こちらが迎え入れる態勢とジャンプのタイミングが合うときは『シュンッ!』と腕の中におさまるから大丈夫なのですが、いつもそのようにいかないのがおキャット様です。

不意打ちで抱っこやおんぶしてくるので、防ぐのは至難のわざなのです。

もう…もう鎧を着るしか…

↑器物損壊罪のおキャット様

 

↑ニット破くとか野蛮なことしないおキャット様

 

サンタさん、鎧くれるかなぁ。

 

 

 

 

 
広報
八幡 純子
個別ブログはこちら
           

ツタンカーメンの比じゃない

2021年09月04日

※注意※ グロテスクなものが苦手な方はご注意ください。但しグロ画像はありません。

 

こんにちは、いつかエジプトに行くのが夢のヤワタです。

先日、仕事から帰ったらイモリの飼育ケース(カブトムシとかを飼うプラケース)が横に倒れていました。(キャーッ!!!)
最近猫たちがやたらケースを小突いているのは気になっていたのですが、ついにやってしまったようです。
辺りは水浸し…というほどでもないのにケースの水はほぼ空。こぼれた水が蒸発するくらい時間が経っていたということでしょうか?
敷いていた小石にイモリたちが潰されている!と急いで中身を全部出したところ、3匹いるはずのイモリが1匹もいません……
消去法で考えると、考えたくないけど衝撃で蓋が開いて全員逃げたということになります。(猫が食べたというのは絶対想像したくないので消去法で消去です)

イモリが逃げ込みそうな場所を探してみると、まず座椅子の端の下から1匹ホコリまみれで発見。
続いて、まさかこんな所にはいないでしょうけど念のため探したキャビネットの裏の隙間からホコリまみれでもう1匹。
残る1匹はとうとう見つけることが出来ませんでした…。
こわい。これはこわいです。

家の中のどこかにミイラ化していくイモリがいると思うと恐ろしくて気が休まりません。
いっそのこと無味無臭の乾燥状態にまでなってしまえば良いのですが、まだ水分と弾力のあるそれをうっかり踏んでしまったら…
あるいはブヨブヨしたそれが寝ている私の腕や足を這いずり回ったら…
絶対に嫌です…。
最初からイモリは2匹しかいなかったのだと現実逃避したくなりました。
入浴中も悶々と考え、夜トイレに行こうとしたとき、廊下の隅っこの暗がりがふと気になり目を凝らして見たら…ホコリにまみれた3匹目がいました!!
「いたよ~!よかった~」(※よくない、死んでた)
と猫たちに報告したら

「は?」

という顔をされました。悲しい。
ちなみにイモリは3匹中2匹はお亡くなりになり、1匹は瀕死につき自然に返しました。
寿命何年あるの!?というくらい長生きしていたのに可哀想なことをしました。
でも猫がしたことなのでどうか呪わないでください。

 

今回の出来事で学んだ事、それは、ホコリってめっちゃ溜まるな、ということです。

 

↓容疑者(無職、1歳、男)

 

↓偶然手と手が触れ合い固まるふたり(正確には前足と後ろ足)

 

↓突然の握手会開催に困惑して目で助けを訴えるキジトラと余裕をかますサビ猫パイセン

 

 
広報
八幡 純子
個別ブログはこちら
           

メランコリーがやってくる

2021年06月04日

こんにちは。ヤワタです。

5月は雨の日が多くて今年の梅雨入りは早いかも…、と思ったのに関東甲信地方はまだのようですね。

梅雨は気分も湿っぽくなりがちなので、個人的には短い期間で梅雨明けして欲しいと思っています。。。

 

梅雨入りしようがしまいが、メランコリックが平常運転のニャンコ先生がこちらです。↓

友人からはいつも「憂いの達人」と褒めてもらっています。

本当は、新しい箱の使い方を見出してご満悦の状況です。箱のポテンシャルは無限大!!

 

 

ギリギリ同じ画角に収まった2匹の図。↑

決して一緒に遊んでなどいませんが、ご満悦の飼い主です。

 

 
広報
八幡 純子
個別ブログはこちら