斜めの敷地形状を最大限に活かしたナナメの家。建物の奥側に位置するLDKの上部に光井戸を設け、2階の開口部から光を取込みます。開閉式の建具を取り付け、春~秋は吹抜けとしてのびやかな空間を楽しみ、冬は暖気を2階へ上げないようにすることができます。LDKと同じく奥側に位置する茶の間兼客室は、天窓からの光を落とす和室となっています。玄関・ホールの一部は南の陽が入る吹抜けによって明るく空間の拡がりが楽しめます。階段の折り返しは丸く滑らかにカーブする形状で、小物やグリーンを飾る棚があります。お母様の寝室はお庭を楽しむことができるようパティオ(内庭)に面しています。ご自宅で温泉を楽しむ温泉タンクを管理しやすい場所に設置しました。

その他の事例