金子工務店の家づくり

基礎「何事も基礎が大切!」シームレスベタ基礎で安心の住まいに。

住宅は、建てた後では見ることのできない構造(土台・柱・梁など)や、それを支える基礎が大事です。諏訪湖周辺では、地盤の弱い土地が多いのですが、基礎全面で支える鉄筋入りのベタ基礎にすることで地盤対応力が高くなり、建物を安定にします。地耐力調査の結果、軟弱な地盤と判明した場合は地盤補強を行い、保証会社から地盤保証がされます。通常、住宅の基礎工事はコンクリートの打設を2~3回に分けて行う場合が多いのですが、金子工務店では1回のみのコンクリート打設で、継ぎ目のないシームレス一体基礎を作りあげます。

この工法は基礎工事の中でもトップレベルの高い技術が必要とされ、限られた職人でしか施工できません。継ぎ目がないことにより外部からの水の侵入がなくなり、基礎の強度も高まります。

一般的なベタ基礎

seamless-betakiso
打ちつないだ部分からの水等の侵入が心配です。

一体打ちシームレス基礎

seamless
一体となっているため水等の侵入の心配がなく、強度も高まります。

 

断熱材・断熱サッシ現場発泡ウレタン・Low-Eガラス

断熱と同時に高い気密性をもった施工ができる現場発泡ウレタンを採用。厳寒の信州の冬も、省エネルギーで温かく快適な住環境を実現します。現場で断熱材の発泡ウレタンを隙間なく吹き付けることにより、熱が伝わりやすい金具などもすっぽりと包みこみます。

サッシは高性能断熱サッシを採用。特殊金属膜のLow-Eガラスは暖房の熱を室内に反射させ、室内の暖かさを保ちます。

tokucho_dannetsu

 

構造県産材・最高等級の耐震性能

金子工務店では、良質な木材にこだわります。木材の質と施工品質は住宅の性能を末永く保つために重要です。土台・柱にはシロアリや腐朽菌に強い木曾檜、梁には県産カラマツの集成材をおすすめしています。

各階の床には丈夫な構造用合板(厚み28ミリ)を採用。耐震性能を高めます。また重量物の家具などを置いても変形しません。

国土交通省は耐震等級を3段階に分けていますが、金子工務店では最高等級の3等級を標準設計にしています。これは、建築基準法の1.5倍以上の耐震性能となります。

つまり、金子工務店の家づくりは地震に強い家づくりなのです。

tokucho_kozo

 

デザイン・設計地元の一級建築士事務所と提携

注文住宅の設計では、お客様の想いをプランや設計図に反映し、思い通りの外観やインテリアになるよう、専門の建築デザイナーやインテリアコーディネーターとお客様でお打ち合わせをします。丁寧にお打ち合わせを重ねることで、お客様のご希望をカタチにしていきます。住宅の設計については複数の地元の一級建築士事務所と提携し、通常高額となる設計料をリーズナブルに抑えています。
お客様のご要望をお聞きするとともにデザイナーの経験を生かし、理想のデザインと設計を実現します。最新の設計ツールも取り入れ、使い勝手が良く快適な住宅設計ができます。複数の建築デザイナーがおりますので、モダン・洋風・和風・別荘など幅広いご要望にお応えできます。
plan

 

クラフトマンシップ職人魂(しょくにんだましい)

どんなにいい建材、いい設備を用いてもしっかりとした施工が行われなければ、質のいい住宅にはなりません。熟練した大工職人をはじめ、各作業工程の職人が心のこもった確かな仕事を行うことの集積が、快適に末永く暮らせる住まいを実現します。

今日の建築業界にはさまざまな建材や工法がありますが、ただ単に組み立てるだけではその性能や効力は発揮できません。全ての柱と梁がぴったり矩(かね:垂直のこと)になっているか、部屋の壁や収納の壁などの接合部分が全て隙間なく施工されているかなど、高い品質精度によってはじめて建材や設備の性能・効果が最大限に発揮されます。

精度の高い施工を行うには、職人の腕の良さとともに、心をこめた仕事に向き合う姿勢が大切です。

金子工務店では、いい住まいづくりのためにはまず職人の技量(腕前)が大切と考え、大工工事では棟梁クラスの大工職人のみが施工します。また、すべての建築現場で各職人の持てる技量を最大限に引き出せる環境を作ることもさらに大切と考えています。

「素人には見てもわからない」ということは決してありません。いい住宅かどうか、その現場を見ればどなたでも必ずわかるはずです。

住宅のご検討には、ぜひ一度、金子工務店の建築現場をご覧ください。

craftmanship