ツタンカーメンの比じゃない

2021年09月04日

※注意※ グロテスクなものが苦手な方はご注意ください。但しグロ画像はありません。

 

こんにちは、いつかエジプトに行くのが夢のヤワタです。

先日、仕事から帰ったらイモリの飼育ケース(カブトムシとかを飼うプラケース)が横に倒れていました。(キャーッ!!!)
最近猫たちがやたらケースを小突いているのは気になっていたのですが、ついにやってしまったようです。
辺りは水浸し…というほどでもないのにケースの水はほぼ空。こぼれた水が蒸発するくらい時間が経っていたということでしょうか?
敷いていた小石にイモリたちが潰されている!と急いで中身を全部出したところ、3匹いるはずのイモリが1匹もいません……
消去法で考えると、考えたくないけど衝撃で蓋が開いて全員逃げたということになります。(猫が食べたというのは絶対想像したくないので消去法で消去です)

イモリが逃げ込みそうな場所を探してみると、まず座椅子の端の下から1匹ホコリまみれで発見。
続いて、まさかこんな所にはいないでしょうけど念のため探したキャビネットの裏の隙間からホコリまみれでもう1匹。
残る1匹はとうとう見つけることが出来ませんでした…。
こわい。これはこわいです。

家の中のどこかにミイラ化していくイモリがいると思うと恐ろしくて気が休まりません。
いっそのこと無味無臭の乾燥状態にまでなってしまえば良いのですが、まだ水分と弾力のあるそれをうっかり踏んでしまったら…
あるいはブヨブヨしたそれが寝ている私の腕や足を這いずり回ったら…
絶対に嫌です…。
最初からイモリは2匹しかいなかったのだと現実逃避したくなりました。
入浴中も悶々と考え、夜トイレに行こうとしたとき、廊下の隅っこの暗がりがふと気になり目を凝らして見たら…ホコリにまみれた3匹目がいました!!
「いたよ~!よかった~」(※よくない、死んでた)
と猫たちに報告したら

「は?」

という顔をされました。悲しい。
ちなみにイモリは3匹中2匹はお亡くなりになり、1匹は瀕死につき自然に返しました。
寿命何年あるの!?というくらい長生きしていたのに可哀想なことをしました。
でも猫がしたことなのでどうか呪わないでください。

 

今回の出来事で学んだ事、それは、ホコリってめっちゃ溜まるな、ということです。

 

↓容疑者(無職、1歳、男)

 

↓偶然手と手が触れ合い固まるふたり(正確には前足と後ろ足)

 

↓突然の握手会開催に困惑して目で助けを訴えるキジトラと余裕をかますサビ猫パイセン

 

 
広報
八幡 純子
個別ブログはこちら

おみまい

2021年08月18日

今年はお盆休み序盤から

日本列島上空に「線状降水帯」と

今や聞き慣れた気象現象がおこり

西日本から中部・東海地方と思いがけぬ甚大な被害を生みました。

 

毎年頻繁に起こる「豪雨災害」も

被害状況のエスカレート化が懸念されています。

被災されたご家族・知人の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

また 一日も早い安寧で平穏な生活に戻れることを心からお祈り申し上げます。

 

監督 竹淵でした

 

 
現場代理人
竹渕 徳哉
個別ブログはこちら

☆祝☆ 🌟上棟🌟

2021年08月11日

 

塩尻市M様邸、上棟おめでとうございます!

こちらの住宅は ~しおじり・あったか・き・づかいの家 補助金~ を受けて建築中です。

補助金額はなんと150万円!!!

選択基準は長野県産木材を一定以上使用するなどがあります。

ご興味のある方は、お気軽にお問合せください。

 

つづきまして諏訪市にて、こちらもM様邸、上棟おめでとうございます!

M・M様、安全第一で現場を進めます。引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 
営業1部 部長
楜澤 隆
個別ブログはこちら

かわいい来客

2021年08月05日

暑い日が続いております。

熱中症が心配の季節となりました。

 

先日、我が家に一泊二日のお客様がいらっしゃいました。山中そな様。

とっても運動好き。ひたすら走り続け、回り続け、その姿が何とも可愛い。でも、見ている方がなんだか疲れる。😩💦

🍴食べている姿は、育ての親にそっくり。美味しそうにご飯を食べます。

またのご宿泊お待ちしております。

 

 

ちょっと癒された-🐹

我が家のイモリ君たちも見ていれば可愛いものですが、可愛いさが違う‼

娘が犬を飼いたいと何年も言っておりますが。なかなか思い切れないでいます。

いつか気持ちにゆとりができてきたら…と思っております。

 

コロナも今までにない増加ですが、皆さん気をつけてくださいね。

 

経理 金子

 

 

 

 
経理(取締役)
金子さゆり
個別ブログはこちら

緑のトンネル

2021年07月29日

酷暑の日々が続く毎日、猛暑を一瞬忘れさせてくれる場所があります。
岡谷市内、幹線道路から入った一方通行のS字カーブ<緑のトンネル>です。

数年前、帰宅の近道に久々に通って、うっそうとした緑の濃さ・多さにビックリ!!
「ここって?軽井沢??」と単純に思ってしまいました。

造園業の知人によると「両側の家の方達が、計画当初から今在る景色を想定して植栽工事をした場所」との事、納得です。

S字の先は他の道と変わらない住宅街・・・ アッという間の空間です。

 

 
事務
西出 幸子
個別ブログはこちら