お施主様のお父様が所有している山からヒノキやサワラの木材を切り出して構造材に使用しました。昔ながらの和のスタイルをとり、二間続きの真壁和室には竿縁天井、聚楽壁、掘りごたつがあり、襖の絵柄や障子の組子細工にも日本情緒があふれています。和室に面した縁側は陽ざしを取り込み冬でもポカポカです。ダイニングキッチンと居間は4枚建ての引き違い戸で仕切りました。キッチン横の階段下スペースを利用し、食品ストックに便利な食品庫を設けました。居間のシックなテレビ収納と上部の照明が寛ぎの時間を演出します。洗面脱衣室に造作した棚は、近くの温泉に通うための家族それぞれの洗面器や入浴用品をピッタリ収納できるようになっています。2階廊下にも洗面コーナーを設けたので、朝の身支度がスムーズです。玄関ポーチは幅2m70cmと広く、木製格子や化粧柱、化粧垂木、化粧桁がお家の風格を一段と上げています。

その他の事例