〈髪のお医者さん〉

岡谷地域の気候特性と地域文化を読み解き、快適でエネルギー負荷の少ないパッシブデザインを実践した店舗併用住宅です。北と西に接する道路は交通量が多いことから、1階の店舗は北・西側道路に開き、2階の住宅は駐車場として設けた空地のある南側に開くことで、方位と用途によって変化のあるデザインとしています。また、2階部分は1階よりもひとまわり大きくして、異なる用途が積層する構成を、デザインのポイントとしました。交差点のランドマークとなるよう意図しています。
1階の店舗は、店舗の主要な管理動線を中央に集約し、その周りを回遊できる計画とすることで、効率的に運営できる平面計画としました。北側からの安定した自然採光を取り込むことを意図して、主要な空間を北側に配置しています。カットブースは外と内が緩やかにつながるように縦の細長窓、シャンプーブースは落ち着いた雰囲気を作るために横長のハイサイド窓として、空間の特徴に合わせた採光計画となっています。照明計画は、繊細な施術を行えるよう、配置計画、照度、色温度、演色性などシミュレーションをもとに、空間に反映しています。
2階の住宅は、南側に庇、袖壁が連続したエントランスとインナーバルコニーの空間を設け、3つの開口によってゆるやかに室内へ連続しています。リビングの大開口は冬季の日射を取り込み、庇、袖壁が夏季の日射を遮蔽します。庇や袖壁内側の白い外壁は、やわらかな反射光を室内にとりこむ役割も持っています。
設計監理/ESTEC and Partners

HAIR Dr’s SALON GRAND SUMMY(ヘアドクターズサロン グランドサミー)

 

その他の事例