2022年05月06日

古より続く御柱

 

歴史は1200年以上の前の平安時代より伝わり 社殿の四方に建てて神木とする勇壮な大祭である 。

私が住む辰野町でも「伊那御柱」と称され

時期は3月第4週土・日に山出し。四月第4週の土・日に里曳きが行われます。

本場の「諏訪大社」の御柱よりだいぶ規模は小さいのですが、

時期になると氏子は同じように狂気し ドーパミンが大放出しています。

今回は「規制・自粛」とフラストレーションが溜まる大祭となってしまいましたが、

次回へと そのまた次回へと繋げていく役割を果たしていただき

大変感謝しています。

監督 竹淵でした。

 

 

 
現場代理人
竹渕 徳哉
個別ブログはこちら