2021年09月24日

まず、この度の豪雨災害に見舞われ、被害を受けた皆様に心よりお見舞い申し上げ、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

さて、今月23日は秋の彼岸の中日でした。

仕事柄お休みではなかったので、出勤前に家族を代表してお墓詣りに行ってきました。

私は茅野市在住ですが、お墓は下諏訪町の高台にありますので出勤前に立ち寄ることができます。

早朝の風もなくおだやかな空気の中、彼岸花が競うように咲いていました。

廻りにはまだ訪れる人もなく静かな中、周辺の雑草を抜き墓石を掃除し、お線香をあげ供養してきました。

春の彼岸、お盆、秋の彼岸とお墓参りは欠かしませんが行くたびに季節の移ろいを感じます。

日頃は家の仏壇に手を合わせるくらいですが、改めてご先祖様を思ういい機会でした。

遠く富士山を眺め、ご先祖様のおかげで今自分や家族がここにいることに感謝し、「又みんなで来るね」とお墓を後にした 営業の西條でした。

 

 

 
営業1部
西條 清
個別ブログはこちら