2018年10月02日

台風24号が沖縄に接近していた頃、貴重な晴れた日に「この日しかない!」と駐車場の

コンクリートの部分を重機で鋤土(コンクリート・砕石の厚さ分の土を取り除く)しました。


そして、台風が通過した後快晴となり、カーポートの柱を設置。

 


そして、翌日(本日)砕石を入れ締め固め。
鉄筋を配筋しています。

 


今年はお盆を過ぎてから、なかなか晴れた日が続きませんでした。

屋外の工事は天候に左右されるため雨の日が続くと土がぬかるんだり工程がずれたりと大変です。

しかし、天候とは関係なくしっかりと確実な工事を行って、晴れて完成を喜んでいただかなければならないと思います。

 

 

-台風一過で思うこと-

今年はスーパー台風が連続して発生し、日本中で大きな被害がでています。

長野県は山に囲まれ比較的勢力が衰えるようですが、山際の土砂災害や水害など想定されるさまざまな災害があります。

想定されること、想定外のことも含めてご入居者の皆様が安心してお住まいいただけるよう心して仕事をしなければと考える次第です。

 

-上條-

 

営業2部
上條 徹
個別ブログはこちら